【毎月3名限定】僕が運営するプログラミングスクール
オピニオン

【目指せ不労収入】残酷な資本主義社会で勝ち上がっていくたった一つの方法

Zizi
Zizi
こんにちは!現在フィリピンのセブ島でインフルエンサー留学をしている旅するフリーランスエンジニアのZizi(@ZiziNomad)です。
どうやったらお金持ちになれるの?
僕らが生きている資本主義社会の攻略法はあるの?
どうやってこのゲームをクリアしていけばいいの?

本記事ではこういった疑問に答えていきます。

最初に言っておきますが、お金がもちろん全てではないし、個人個人がみんなの人生を楽しんでいればOKだよね!というのが僕の意見です。

実際に、年収800万円まではその年収に比例して幸福度が上がりますが、それ以降はあまり幸福度は変わらないと言われています。

でももしあなたが、年収800万円以下、お金がないことを言い訳にやりたいことができない状態にあるのなら、きっとこの記事がお役に立てるはずです。

それではいってみましょう!

資本主義社会で勝ち上がっていく方法

結論:収入のタイプをスキル型からストック型へ移行すること

本記事ではこの理由について順番に解説していきます。

まず大前提として資本主義社会ってなんですか?

めちゃくちゃ簡単に言うと、お金をたくさん持っている人が強い社会です。

お金をたくさん持っている人がアガリのゲームなんです。

お金を持っている人がピラミッドのトップにいる。
ということはこのゲームでアガるためにはお金を稼ぐ必要がある。

みなさんも生まれながらにして否応なしにこのゲームに参加しているけれど、イマイチ攻略法が掴めていない。もしくはそもそも攻略する気なんてないという人が大半だと思います。

ですが、本記事では自分の人生をゲーム化して、日々みんな楽しく生きていけたらいいなという想いを込めてこの記事を書いていますので、どうか最後までお付き合いください。

では、実際にどうやってお金を稼いで行けばいいの?

ということなんですが、このゲームをクリアするために必要なことは結論にも書いた通り、収入のタイプをスキル型からストック型に移行することです。

まず収入のタイプは大きく2つに分かれます。

スキル型収入とストック型収入です。

スキル型の収入とは?(労働収入)

自分のスキルを切り売りして時給で収入を得る方法=労働収入

このブログを読んでいる大半の人がやっている仕事がそうだと思います。

エンジニア、デザイナー、ライター、動画編集者などなど。

このスキル型でお金を稼ぐ(自分の時給を上げる)方法は2つあります。

①自分のスキルレベルを上げる
②自分の希少性を上げる

自分のスキルレベルを上げるには、スクールに通ったり、実務をやってとにかく経験を積むしかありません。エンジニアの求人でも経験年数が長い人ほど、給料が高い傾向にありますよね。この辺りはもうみなさんお分かりだと思うので割愛します。

では、自分の希少性を上げるためにはどういった方法があるでしょうか?

ここでは以下の3つを紹介します。

①スキルを掛け合わせる(自分自身をレアカード化する)
②需要が高まるスキルを学習する
③スキルを絞り込む(エキスパートになる)

①スキルを掛け合わせる(自分自身をレアカード化する)

スキルを掛け合わせるとういうのは、自分自身をレアカード化することです。

例えば、あなたがデザイナーで、デザイナーは100人に1人くらいのスキルだと仮定しましょう。

もしあなたがデザインとプログラミングができたらどうなりますか?

100人中1人×100人中1人のスキル=10,000人に1人ということになります。

もし仮にあなたが10,000に1人の人材だったら、あなたの市場価値は爆上がりですよね?

実際にはこんな簡単にいかないと思いますが、ここでは自分自身をレアカード化することをイメージしやすいようにするためにわかりやすい数字で伝えています。

②需要が高まるスキルを学習する

これはその時代によっても変わるので一概には言えませんが、今の時代だと間違いなくIT系のスキルであることは、このブログを読んでくれているみなさんならわかると思います。

今や世界トップ企業のほとんどがIT・テクノロジー関連の会社です。

Facebookのエンジニアは年収2,000万円もらっています。

もし仮にエンジニアになるための自己投資としてスクールに100万以上使っても、自分の知識は盗まれませんし、年収1,000万円になれる可能性があることを考えると、これから需要が高まるスキルを学習することはいかにコスパがいいかわかると思います。

この変化が激しい時代で、給料を上げたいという理由で、よくわからない資格や検定の学習をするんだったら、これから需要が高まり続けるであろうIT関連の学習をしたほうがコスパはいいのは明白。

③スキルを絞り込む(エキスパートになる)

スキルを絞り込むというのは、何でもできる人になるのではなく、何かに特化するということです。

例えば、クレジットカードに関する記事に特化したライター、Wordpressに特化したエンジニア、女性向けメディアデザインのプロ。

全部やるのではなくて、この分野なら【私に任せておけ!】という強みがある、ある分野のエキスパートになる。と自分の時給が上がりやすいかなと思います。どうせ頼むならその分野のエキスパートに頼みたいという企業も多いです。

ストック型の収入とは?(不労収入)

自分が寝ている間にも継続的に収益が発生する状態=不労収入

例えば、投資家やYoutuber,プロブロガー、起業家などが挙げられます。

このゲームをクリアするためには投資家になることだと僕は思っています。

例えば、自分の会社や自分のWEBサービスを億で売却し、それをファンドに預けておくだけで、それが年5%の成績だったらそれだけで年500万円です。自分が何をしていなくてもです。仮に10億だったら年5,000万円。

スキル型では人間がお金のために働いている状態ですが、ここまでくるとお金がお金のために働いている状態になります。一度資産を持ってしまうと増えていく一方なので最強ですね。

とはいえ、いきなりストック型を目指すのは難しいですよね?

Youtuberやプロブロガーは忍耐と運が必要です。
起業家・事業を作れる人になるにも忍耐と運が必要です。

ストック型の収入というのは仕組みを作ることなので、その仕組みを作るには時間がかかります。目先のことよりも長期的な視点が大切です。

なので僕はこのゲームをクリアするため、スキル型からストック型の収入に移行するためにはこんな順序でやっていけばうまくいくんじゃないかなという仮説をたてて、ロードマップを作ってみました。

①今後需要が高まり続けるスキルを身につける(プログラミングなど)

②スキル型で働きながらストック型収入を作る(ブログ・Youtube・WEBサービス作るなど)

③うまくいったサービス、自分の会社を億で売却する

④投資家になる(1億円×年5%=500万円)

簡単なことではないことを十分承知で書いていますが、僕みたいな普通の人がこのゲームをクリアするためにはこんな流れがいいんじゃないかなと思います。

資本主義社会で勝ち上がっていきたい人にオススメの人を紹介

最後に、上記のロードマップをまさに体現している人を僕の独断と偏見で紹介します。

マナブさん(@manabubannai)

このブログの読者の方なら知らない人はいないと思いますが、マナブさんはまさに上記のロードマップを歩んでいる人物として真っ先に頭に浮かびました。

マナブさんの経歴を簡単に分析していくと、

①プログラミング学習してエンジニアとして働いていた(スキル型)
②働きつつ、ブログをやっていた(スキル型&ストック型準備)
③ブログがうまくいき、Youtubeにも参入(ストック型へ移行)
④今はトレーダーを目指している
⑤将来的には投資家

まさにロードマップ通りかなと思います。

マナブさんが運営しているマナブログを読めば、マナブさんがどのようにしてこの資本主義社会というゲームを攻略してきたかがわかるのでオススメです。

manablog

余談ですが、僕はマナブログの中で一度インタビューされたことがあるのでそちらも載せておきます。

【営業戦略の公開】仕事がないフリーランスエンジニアがやるべきこと

まとめ:人生は試行回数がすべて

いかがでしたか?

資本主義社会で勝ち上がっていく方法を解説してきました。

あくまでも仮説なので、僕が自分の体験を持ってこの仮説を正しいのかを検証していきたいなと思います。

人生は試行回数がすべてです。

とにかく試行回数を増やすことにフォーカスして自分が今までやったことないこと、新しいことに挑戦してみる。まずはやってみる。

特にこれから需要が高まるスキルにトライしてみるのはオススメです。

ダメだったら次に行けばいいじゃないですか。死なないんで大丈夫です、きっと。

①挑戦する

②結果が出る

③成功体験を売る

④自己肯定感が上がる

このループを回せる人は人生無敵です。

もし仮に挑戦して失敗しても、必ず実力はつくし、実力がつくと失敗する確率もどんどん下がっていくからです。

これほど【挑戦】のコスパがいい時代はないのでは?

そんなことをブログを書いてる中で思いました。

資本主義社会というゲームの攻略方法について考えている方の参考になれば幸いです。

何か質問などあればTwitterからお気軽に〜!

ABOUT ME
Zizi
Zizi
フリーでWEB制作してます👨‍💻 大学卒業後独立→リゾバ4ヶ月で100万円→フィリピン留学→豪ワーホリ→未経験からフリーランス→北海道大手制作会社がクライアント→単月売上7桁到達。今は海外ノマドしながら世界をフラフラしてます。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
【人生の難易度を下げよう】

僕は日本で働くのは
いい選択肢には思えなかったので、
大学卒業と同時に、
海外で生きていく決断をしました。

できることならば、

期間を気にせずに、
好きなだけ好きな人と好きな国にいたいし、
人生という旅を楽しみたかった。

いつ死んでもいいような人生を送りたかった。

結論から言うと、

僕は旅をしながら
お金を稼ぐスキルを身につけ、
理想の働き方を実現するに至りました。

「好きなことで生きていく」

ではなく、

「嫌なことで死なない」

2016年9月に海外に出て
ここまで2年以上
国内外を旅しています。

僕がどのようにお金を稼いで、
ここまで旅を続けられているのか。

以下の記事を読んで
是非チャレンジしてみてください。

旅をしながらお金を稼ぐ方法を知る