【毎月3名限定】僕が運営するプログラミングスクール
プログラミング

フリーランスエンジニアが単価の安いクラウドソーシングの価格競争から脱却する方法

こんにちは、Zizi(@ZiziNomad)です。

ジジルン
ジジルン
クラウドワークス・ランサーズの単価が安くて悩んでいるんだよね。。。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容

・単価を上げるためにやるべきこと
・クラウドソーシングサイトはどういう考え方で使うといいか

数ヶ月前の僕がまさにこのような状態でした。

僕もあなたと同じように
クラウドソーシングサイトの単価の安さに悩んでいましたが、

下記の方法で価格競争から脱却してきたので、

これからフリーランスエンジニアを目指す人にとって、たぶん参考になるんじゃないかと。

それでは解説していきます!

フリーランスエンジニアが単価の安いクラウドソーシングの価格競争から脱却する方法

結論から言うと、

単価を上げるためにやったことは

「営業先をクラウドソーシングサイトから、制作会社に変えただけです」

僕はクラウドソーシングで100件近く提案をして、制作会社にも100件提案をしました。

このことからわかったことは、

①「クラウドソーシングでは実績がないと稼ぐのは難しいということ」

②「制作会社からの案件は難易度高めだが、単価は悪くないということ」

③「人生は運ゲーなので、打席に立ち続けていれば、いつか必ずヒットを打てるということ」

今、クラウドソーシングで稼げているという人は

・既に実績がたくさん積み上がっている人(信頼貯金)
・低単価でも、たくさんの案件を同時にこなしている人(セルフブラック労働)

のどちらかだと思います。
※ここでいう稼げているというのは月20万円以上を想定しています。

もちろん、
フリーランスというのはただの生き方なので、戦い方は人の数だけ存在します。

僕はできるだけ作業工数を減らしつつ、高単価で案件を獲得したかったので、
「クラウドソーシングは、自分の戦う場所ではない。」と思い、戦う場所を変えることにしました。

営業先をクラウドソーシングサイトから、制作会社へ

クラウドソーシングはたくさんの人が利用しているので、必ず価格競争に巻き込まれます。

なので、

僕は制作会社へ個人的に営業して、案件をもらった方が単価も上がるしライバルも少ないという仮説を立てて行動していきました。

その過程・戦略については以下で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
フリーランスエンジニアが案件獲得のために営業100件やってわかったこと本記事では、フロントエンドエンジニアとして、僕が実際に案件獲得のために制作会社への営業100本ノックをやってわかったことをシェアしていきたいと思います。...

【マナブログでのインタビュー記事】
[pz-linkcard-auto-replace url="https://manablog.org/freelance-programmer-no-work/"]

現在(12月)はありがたいことに
制作会社からの案件だけで月40万円前後稼ぐことができています。

この戦略の再現性はかなり高いと思いますので、
是非単価の安さに悩んでいる方は挑戦してみてください!

ちなみに、1件あたり、15−20万円で受注することが多いです。
※ただ、制作会社にもよりますが、全体的に難易度高めかなと思いますので、最低でもデザインデータを再現するコーディングスキルは身につけましょう。

もちろんこの価格帯の案件は、
クラウドソーシングサイトにも掲載されていますので見てみましょう。

【ランサーズでもっとみる】

提案数が30件です。。。
この中で選ばれる自信があればいいですが、30分の1はなかなか厳しいですよね。。。

やはり単価が高い案件は提案数もそれに比例して増えるので、当然ライバルも増えます。。

クラウドソーシングサイトはどういう考え方で使うといいか

クラウドソーシングの案件は単価が安く
稼ぐのには向いていないということをお話してきました。

では、どういう使い方・考え方で利用していけばいいかというと、

「お金をもらいながら、課題をやっている」という考え方で利用すると、消耗せずに済むかと思います。

僕もそうだったのですが、

実務ってどんな風に進むのかがイメージできなかったので、
とにかく実務経験を積むという意味で単価の安めの案件から応募していくのがいいと思います。

一度、案件の受注から納品までのクライアントワークを経験できると、

制作会社とのやり取りなどもスムーズになるので、

そういった小さな成功体験をどんどん積み上げていきましょう!

人生は運ゲーなので、打席に立ち続けることが大事

僕はクラウドソーシングで100件、
制作会社への営業で100件やってうまくいかなかったら
フリーランスエンジニアとしてやっていくのは辞めようと思っていました。

幸い、うまくいったので辞めなくて済みましたが
とにかく意識したことは打席に立ち続けることです。

打率を上げることも大事ですが、
そもそも打席を増やすだけで下記のような結果になります。

例えば

制作会社への営業を10件やった人
1社から返事が来て案件を獲得した

制作会社への営業を100件やった人
10社から返事が来て案件を獲得した

打率は一緒ですが打席数が違うだけで案件獲得数に差ができます。

1社だけ獲得の場合、相場観がわからないのでやるしかありませんが、
10社獲得した場合は、単価の安い会社はこちらからお断りできます。

単価の高い会社の案件だけに注力できます。

案件の内容は同じようなことをやっていても
どこの誰から案件をもらうかで、金額が倍以上違うことが頻繁にあるのがWEB業界です。

どうせやるなら単価が少しでも高いほうが嬉しいですよね。

あの世界のイチロー選手ですら打率は3割なんです。
僕ら凡人は打率1割でもいい方ではないでしょうか?

僕らができることは今日も打席に立ち続けることだけです。

何かあったらイチロー選手の話を思い出しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

単価を上げるためにやるべきことは、

・営業先をクラウドソーシングサイトから、制作会社へ変えること

クラウドソーシングサイトは、

・「お金をもらいながら、課題をやっている」という考え方で利用する

これだけであまり消耗せずに済むかなと思います。

何かわからないことや聞きたいことがあれば、

Twitterからよろしくお願いしますー!

ABOUT ME
Zizi
Zizi
フリーでWEB制作してます👨‍💻 大学卒業後独立→リゾバ4ヶ月で100万円→フィリピン留学→豪ワーホリ→未経験からフリーランス→北海道大手制作会社がクライアント→単月売上7桁到達。今は海外ノマドしながら世界をフラフラしてます。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
【人生の難易度を下げよう】

僕は日本で働くのは
いい選択肢には思えなかったので、
大学卒業と同時に、
海外で生きていく決断をしました。

できることならば、

期間を気にせずに、
好きなだけ好きな人と好きな国にいたいし、
人生という旅を楽しみたかった。

いつ死んでもいいような人生を送りたかった。

結論から言うと、

僕は旅をしながら
お金を稼ぐスキルを身につけ、
理想の働き方を実現するに至りました。

「好きなことで生きていく」

ではなく、

「嫌なことで死なない」

2016年9月に海外に出て
ここまで2年以上
国内外を旅しています。

僕がどのようにお金を稼いで、
ここまで旅を続けられているのか。

以下の記事を読んで
是非チャレンジしてみてください。

旅をしながらお金を稼ぐ方法を知る

こちらの記事もおすすめ