【毎月3名限定】僕が運営するプログラミングスクール
プログラミング

【実話】未経験からフリーランスエンジニアになる為に必要だったこと

こんにちは、Zizi(@ZiziNomad)です。

先日、こんなツイートを拝見しました。

ジジルン
ジジルン
やっぱり未経験からフリーランスは不可能なの?

こういった疑問にお答えします。

未経験からフリーランスになった僕の経験を踏まえて、僕なりの見解を述べていきます。

✅本記事の内容

・未経験からフリーランスは不可能ではない

それではいってみましょう!

未経験からフリーランスになるとよく言われること

独立時のスキルが低いので単価の低い仕事に苦しむ

✅スキルアップが難しい

なので、一旦就職してから独立しましょうという感じ。

スキルが低い→単価も低い→稼げない

確かに正しいと思いますが、

スキルが高い→単価が高い→稼げる

「スキルがめちゃくちゃ高い=稼げる」ではないということも正しいかと。

スキルが高くても安く買い叩かれているエンジニアはたくさんいますし、
エンジニア歴が長くても稼げていない人はたくさんいます。

当たり前ですが、技術力と収入は比例しません。

エンジニアは技術力=収入ではない。技術は2,3流でもお金は稼げる

「あなたは何のためにスキルアップしていますか?」

もし、お金を稼ぐためにスキルアップしているのならば、技術は2,3流でもお金は稼げます。

ビジネスの基本は需要と供給です。

なので、稼げるようになるための近道は、

自分のスキルアップではなく、自分よりスキルの低い顧客を見つけることです。

こんなこというと他のエンジニアから反感を買いそうですが、
確かに自分のスキルアップはめちゃくちゃ重要です。

ですが、売上を伸ばすという目的を満たすための行動としては、

スキルアップすることよりも自分よりITリテラシーの低い顧客を見つけるほうが、
はるかに簡単であり、目的に早く近づくことができます。

例を一つ紹介します。

高齢者の多い田舎の町で、パソコン教室を行っている人がいます。

その教室ではLINEの使い方などを教えています。

おじいちゃんおばあちゃんには息子や孫たちとLINEをしてみたいという願望(需要)があり、それを教える人(供給)が存在することで成り立っています。

ぶっちゃけ今の若者ならLINEは当たり前に使えるツールとして存在しますが、
高齢者には当たり前に使えるツールではないのでビジネスとして成り立ちます。

これはエンジニアにも同じことが言えて、
周りが自分よりも優秀なエンジニアばかりだと、もっとスキルアップしなくちゃと考えがちですが、自分よりもITリテラシーが低い人に目を向けることでお金は稼げます。

そもそもあなたは雇われたいのか?雇われたくないのか?によっても考え方は違いますが、
何れにせよ、技術は2,3流でもお金は稼げるということです。

・コーディングという言葉を知っている人が地元の友達に何人いますか?
・Wordpressでホームページを作れる人があなたの周りに何人いますか?
・スクレイピング、デプロイという言葉を説明できる人が周りに何人いますか?

友達がエンジニアばかりという人は当てはまらないかもしれませんが、いない人がほとんどだと思います。

そして、同業ばかりの人と一緒にいるのは非常に勿体無いです。
なぜなら、周りに上記のことを知らない人が周りにいればいるほどチャンスだからです。

例えば、Wordpressでホームページを作って欲しい。

そんな顧客を10人見つけて1件10万でやれば、月100万円です。

お金を稼ぎたいのではなく、技術を磨きたいのであれば、会社員になってどんどんスキルアップすればいい。

ただ、一流のエンジニアになっても技術で劣るエンジニアよりお金を稼げるようになれるわけではない。

これは断言できます。

そもそも日本は言語的な問題で、WEB制作の単価は保たれていていますが、
外に目を向けると単価は激安です。(特に公用語が英語のフィリピンやインドなど)

フィリピンやインドの人から、
え?このレベルの案件でこんなにもらえるの?
と驚かれることもあり、

このことからもエンジニアは技術力=収入ではないことがわかります。

結局、あなたがどこで勝負するかによって単価もスキルも異なるということを理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

確実に苦労はしますが、
未経験からフリーランスは不可能ではありません。

フリーランスは技術だけでなく、こういったビジネス思考や営業力のほうが
お金を稼ぐという点で言えば大事かなと思います。

仮にエージェントなどを利用して案件を獲得する際も、交渉によって単価が10万単位で変わることもあります。

また、WEBの世界は本当に相場があってないようなものなので、制作会社によっても報酬がバラバラです。

僕が過去に遭遇した例を挙げます。

WPで5P規模のコーポレートサイト制作の依頼が同時に2つの制作会社からありました。
難易度も規模感もほぼ同じくらいです。

制作会社Aは8万円
制作会社Bは20万円

もちろん、8万円の方はお断りして20万円の方を受注したのですが、嬉しさと同時に怖さも芽生えました。

なぜなら僕が営業を100件やっていなければ、
制作会社Aしか知らず、自分の中の相場がこんなものかという認識になってしまうからです。

制作会社への営業100件を行った記事は以下

あわせて読みたい
フリーランスエンジニアが案件獲得のために営業100件やってわかったこと本記事では、フロントエンドエンジニアとして、僕が実際に案件獲得のために制作会社への営業100本ノックをやってわかったことをシェアしていきたいと思います。...

なので、フリーランスとしてお金を稼ぎたければ、技術力以外の部分も学習していきましょう!

何か質問などあればTwitterからお気軽に〜!

ABOUT ME
Zizi
Zizi
フリーでWEB制作してます👨‍💻 大学卒業後独立→リゾバ4ヶ月で100万円→フィリピン留学→豪ワーホリ→未経験からフリーランス→北海道大手制作会社がクライアント→単月売上7桁到達。今は海外ノマドしながら世界をフラフラしてます。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
【人生の難易度を下げよう】

僕は日本で働くのは
いい選択肢には思えなかったので、
大学卒業と同時に、
海外で生きていく決断をしました。

できることならば、

期間を気にせずに、
好きなだけ好きな人と好きな国にいたいし、
人生という旅を楽しみたかった。

いつ死んでもいいような人生を送りたかった。

結論から言うと、

僕は旅をしながら
お金を稼ぐスキルを身につけ、
理想の働き方を実現するに至りました。

「好きなことで生きていく」

ではなく、

「嫌なことで死なない」

2016年9月に海外に出て
ここまで2年以上
国内外を旅しています。

僕がどのようにお金を稼いで、
ここまで旅を続けられているのか。

以下の記事を読んで
是非チャレンジしてみてください。

旅をしながらお金を稼ぐ方法を知る