【毎月3名限定】僕が運営するプログラミングスクール
プログラミング

僕がオンラインでフリーランスを目指せるプログラミングスクールを始めた理由。

Zizi
Zizi
こんにちは!現在ジョージアのトビリシに滞在中の旅するフリーランスエンジニアのZizi(@ZiziNomad)です。
なんで</EDEN>を始めたの?

普段よく聞かれることなので、本記事ではこの疑問に答えていきます。

それではいってみましょう!

僕がオンラインでフリーランスを目指せるプログラミングスクールを始めた理由。

まず結論です。

結論:19歳の過去の自分に教えてあげたいから。

僕がオンラインでフリーランスを目指せるプログラミングスクールを始めた理由は、19歳の過去の自分、そして僕と同じ価値観の人にこういう手段で僕は今の生活を実現できたよ!ということを伝えたいと思ったからです。

以下より、なぜ僕がそんなことを思ったのか?より詳細に解説していきます。

19歳のときの僕

私は将来は経営者になりたい。
そう漠然と考え、大学の経営学部に入学したどこにでもいる普通の大学生でした。

当時の僕は自分の夢リストにある「10代で海外一人旅」という夢を叶えるために行動していました。

行き先は海外ならどこでもよかった。
その時1番安かったという理由だけでマレーシアに決定。

今思えばあれが人生の分岐点でした。

約2週間の一人旅が終わり、その帰りの飛行機の中で、一体この旅でいくらくらい使ったんだろう?

計算してみました。

「25000円くらい..?!…ということは月5万円くらいで生活できるじゃん!」

僕にとってそれは頭を雷に打たれたくらいの衝撃でした。

「月5万円でマレーシアに住めるのか…」という確信を持てたからです。※7年前

ということは、

物価の低い国に住みながら、日本円など高価値な外貨を稼げば最強では?
物価が日本の3分の1なら、単純に労働時間も3分の1で済むよね?

将来はこういう生活をして人生楽しむぞー!と意気込んでいました。

チャレンジと失敗、6年間の試行錯誤

そんな生活をしたいなーと漠然と考えてはいましたが、どのように実現すればいいのか全くわかりませんでした。

まずは短期間の海外移住にチャレンジしてみようと思い、
日本で3ヶ月リゾートバイト(住み込みのアルバイト)をしてお金をためて、3ヶ月間海外で過ごすという生活をしていました。

3ヶ月リゾートバイトをすれば40-50万円は資金を作れるので、
物価の安い東南アジアなら余裕で3ヶ月生活できました。

ですが、帰国日が近づくにつれて「日本に帰るの面倒くさいな」と思うようになります。

そこで、旅をしながらお金も稼げる【ツール】を探すようになります。

日本でお金を貯めて、海外で短期間住む。これだけなら簡単ですが、
当時の僕には海外で住みながら日本円を稼ぐのはなかなかハードルが高いことです。

グーグルで検索したら出てくるものは全てやったと思います。

大学生の時から大学を卒業してから6年間、転売、ブログやアフィリエイト、FX、ネットワークビジネス、なんでもやりました。

しかし、どれもあまりうまくいきませんでした。

やっぱり難しいよな。甘くないよな。

半分諦めている状態でしたが、幸い、19歳の時に燃えていた心の炎は消えてません。
まだ諦めたくない気持ちが半分ありました。

フリーランスデザイナーとの出会い

転機は僕が大好きなタイのチェンマイで長期滞在していた時に出会った、フリーランスデザイナーのAさんでした。

僕はチェンマイが大好きなので、その関係でフォローした方です。
僕が滞在しているタイミングでAさんもチェンマイに来るというツイートを見て思わずDMをしました。

もちろんダメ元です。

ですが、このDMをしたことが僕の人生を変えるきっかけになりました。

Aさんは、【僕の人生で初めてお会いしたフリーランス】です。

フリーランスデザイナーとして生きており、まさに僕が理想とする生き方を既に実現している人でした。

温かい雰囲気で人柄も素晴らしい方です。

こんな人になりたいなと素直に思いました。

【こんな機会は滅多にないぞ!】

そう思い、あらゆることを聞いて質問攻めにしてしまいましたが、
Aさんは無知な僕を笑うことなく、一つ一つ質問に答えてくれました。

そんな中Aさんは、旅をしながらお金を稼ぐなら【プログラミング】がいいんじゃないかな?

その一言が、僕とプログラミングの出会いです。

そこからプログラミングを学べるWEBサイトで学習をはじめました。

しかし。。。

未経験からフリーランスへ

しかしそんなにうまくはいきません。

プログラミングをやってると必ずエラーが出て、学習をやめてしまうこともありました。

周りに質問できる人もいないし、このスキルがどうやってお金に変わるのか全くイメージできませんでした。

それと同時にモチベーションがどんどん下がっていきました。

このままうまくいかずにまた辞めてしまうのか。。。

ですが、以前の僕とは違いました。

僕はフリーランスとして生活しているAさんに一度会っているので、そんな生活を同じようにしている自分を容易に想像できたからです。

そこから、プログラミングスクールなどに通い、コツコツ学習を積み重ねていき、3ヶ月でなんとか1人でWEBサイトを作れるようになりました

そしてついに、制作会社や広告代理店への営業を通して案件受注に成功しました!

僕がフリーランスとして初めてもらった案件は5万円で、とある企業のコーポレートサイトを制作する案件でした。

自分のスキルが初めてお金に変わった瞬間です。

5万円という金額は決して高くはないですが、僕はめちゃくちゃ興奮していました。
なぜなら、これができればタイのチェンマイで月5万円生活が実現できるからです。

あわせて読みたい
【海外ノマド】コスパ最強都市、タイのチェンマイで月5万円生活をする方法チェンマイはインターネットが速い点、虫が少ない、小奇麗な点を含め、快適に作業できる場所が多いです。 コストもバンコクより抑えられるし、多くの人はコスパの高い都市と感じると思います( ˘ω˘ )!...

日本から案件をもらい、チェンマイのような生活費が安い場所でゆるく暮らし、リモートワークをする。

物価の低い国に住みながら、日本円など高価値な外貨を稼ぐ人になる!
物価が日本の3分の1なら、単純に労働時間も3分の1で済む!

19歳の当時、僕が思い描いてきた生活を今では実現できています。

ここまで来るのに6年間もかかりましたが、こうして僕は未経験からフリーランスになり、憧れていたAさんのような生活ができるようになりました。

4つのプログラミングスクールへの自己投資と、既存のプログラミングスクールへの疑問

そこから僕はスキルアップするために色々なプログラミングスクールを受講して、分析しました。

どんな風にスタートして、どんなゴールがあって、どんな内容を、どんな風に教えているのか?

結論は、教えている内容自体ははほとんど変わらないということ。

基礎的な内容、コードの書き方をインプット→インプットしたことをアウトプット。

このアウトプット先を用意してくれるのがスクールです。

初心者によくありがちなProgateをやったあとに次に何をやったらいいのか全くわからない。

これはアウトプット先ことが要因です。スクールを受講することでその状態は避けられます。

また、僕は色々なプログラミングスクールを受講する中で一つの疑問を持つことになります。

それは、既存のプログラミングスクールは収益構造です。

まず1つは受講生から、そして2つめは提携している企業からです。

スクールはまず受講生から受講費をもらい、プログラミングの知識を提供します。
そして、育成した受講生を提携している企業に斡旋することで、提供先企業からも紹介料をもらいます。

プログラミングを学習して、そのままどこでもいいから企業に転職したい!という方にはいいかもしれませんが、
紹介先の企業が必ずしもいい会社とは限らないですよね。

その時僕は、

本当に受講生のことを考えるなら、提携している会社に斡旋しないで、自分で営業して案件を取ったり、企業に就職・転職する方法を教えたほうが最終的に受講生のためになるのでは?

魚を釣って与えるのではなく、魚の釣り方を教えてあげる。

その方が、受講生も納得感のある人生になるし、将来独立を考えている人には必須のスキルだよな。

そんな風に考えるようになりました。

そして、この体験を経て</EDEN>をはじめることにしました。

</EDEN>の誕生

</EDEN>は【3ヶ月で月10万円を継続的に稼げるスキルを手に入れよう】というコンセプトでやっています。

Aさんのような生活を実現したかった過去の自分、そして僕と同じような価値観の人に、僕はこういう手段でこの生活を実現できました!

ということを伝えるために立ち上げたプログラミングスクールです。

僕は東京の大企業で過労死寸前まで働き、年収1,000万稼いで、結婚して、一軒家建てて、高級車乗って、年1回海外行く生活よりも、チェンマイのプール付きアパートで、好きな時間に起きて、Netflixで「あいのり」見たあと、リモートワークで成果物を納品して月10万円稼ぐ生活が幸せです。

副業で月10万円稼げるだけでも年間120万円です。

今の会社でそれだけの昇給が見込める人は問題ないですが、
それ以外の方は、副業としても挑戦する価値はあるんじゃないかなと思います。

卒業生の中には3ヶ月で月20万円のリモートワーク契約を獲得した人や、
たくさんの卒業生がIT企業に内定を貰っています。

あわせて読みたい
【EDEN卒業生インタビュー】年収1,000万円の男がなぜエンジニアを目指したのか?を受講して【プログラミング学習3ヶ月目でWEB制作会社から月20万円の契約】を獲得した、一児の父でもある高羽(たかば)さんにインタビューしました!今まさにプログラミング学習をしている人、これからエンジニアになりたい人にとって有益なので最後までチェックしていってくださいね!...
あわせて読みたい
【EDEN卒業生インタビュー】人生も、プログラミングもすべては楽しむためにある今現在は企業で【WordPressエンジニアとして働いている】Michiさんにインタビューしました!このインタビューは、今まさにプログラミング学習をしている人、これからエンジニアになりたい人にとって有益です。...

まとめ:次はあなたの番です

あなたも挫折しにくい環境で一気にエンジニアとしてのスタートラインに立ちたい!ということであれば、無料面談をやっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

線香花火のように儚いこの人生、
死ぬ前に後悔することは、やった後悔よりもやらなかった後悔です。
始めるのに遅いことなんてありません。
始めようと思っている今が1番若いからです。

あなたがもし、
「プログラミングを通して人生の選択肢を広げたい」
と思っていらっしゃるのであれば、

EDENは全力でサポートさせていただきます。

次はあなたの番です。

</EDEN>公式HPへ行く

【人生の難易度を下げよう】

僕は日本で働くのは
いい選択肢には思えなかったので、
大学卒業と同時に、
海外で生きていく決断をしました。

できることならば、

期間を気にせずに、
好きなだけ好きな人と好きな国にいたいし、
人生という旅を楽しみたかった。

いつ死んでもいいような人生を送りたかった。

結論から言うと、

僕は旅をしながら
お金を稼ぐスキルを身につけ、
理想の働き方を実現するに至りました。

「好きなことで生きていく」

ではなく、

「嫌なことで死なない」

2016年9月に海外に出て
ここまで2年以上
国内外を旅しています。

僕がどのようにお金を稼いで、
ここまで旅を続けられているのか。

以下の記事を読んで
是非チャレンジしてみてください。

旅をしながらお金を稼ぐ方法を知る