【毎月3名限定】僕が運営するプログラミングスクール
海外ノマド

【海外ノマド】カンボジア、プノンペンのトークンハウスで月5万円生活してみた

こんにちは、Zizi(@ZiziNomad)です。

カンボジアでノマドってあんまり聞かないけどどうなの?
治安悪そう。
ネット環境も悪そうだよね
そもそもプノンペンってどこ??

このような質問をよくいただくので、
今回は海外月5万円生活、カンボジア・プノンペン編をお送りします!

↓ベトナム・ダナン編はこちら↓

あわせて読みたい
【海外ノマド】ベトナム、ダナンで月5万円生活してみたダナンでのノマド生活では、ベトナムはタイと同等、もしくはそれ以上に物価が安いということがわかりました。...

↓タイ・チェンマイ編はこちら↓

あわせて読みたい
【海外ノマド】 タイ、チェンマイで月5万円生活してみたタイ、チェンマイでのノマド生活は、物価も安く、インターネットも速く、タイ料理も美味しい(ローカル日本食も安い)ので、ノマドの長期滞在先として最高の環境が揃っています。...

↓海外月5万円生活を実現する方法はこちら↓

あわせて読みたい
【海外ノマド】コスパ最強都市、タイのチェンマイで月5万円生活をする方法チェンマイはインターネットが速い点、虫が少ない、小奇麗な点を含め、快適に作業できる場所が多いです。 コストもバンコクより抑えられるし、多くの人はコスパの高い都市と感じると思います( ˘ω˘ )!...

✅本記事の内容

・海外月5万円生活カンボジア・プノンペン編

それではいってみましょう!

【プノンペンとは】

プノンペンは「東洋のパリ」と呼ばれるほど繁栄したました。
しかし、ポル・ポト時代に市民の多くが農村部へ強制移住させられるなど荒廃。
現在は政治、経済の中枢機能が集中する首都。
地方からの流入者の増加で、人口は昨年より約10万人増え推計150万と言われています。

僕が初めてカンボジアに訪れたのは多分5,6年前でして、
その時はアンコールワットが有名なシェムリアップという街を訪れました。

なので、プノンペンは初めてです!

特に何も無さそうですし、興味もなかったのですが…

「トークンハウス」に呼ばれている…!!

気がしたので、早速行ってみることにしました!

【月額5000円~】カンボジア・プノンペンのシェアハウス『トークンハウス』を紹介
https://55kengo.com/2018/08/09/cambodia-token-house/

今回は、僕の海外拠点の一つになったトークンハウス、それを含めたプノンペンの生活事情について解説していきます。

結論から言うと、本当に行ってよかったです!!

※これから間違えなく大きくなるコミュニティですので、今のうちにチェックしておくことをオススメします。

海外を舞台に多拠点生活を支援するトークンハウス!箕輪厚介氏など複数のエンジェル投資家から資金調達
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040896.html#time

【プノンペンに行くべきシーズン】

僕は世界のベストシーズンを旅するように生活したいので、
プノンペンにもできるだけベストシーズンに行きたいところ。

下のグラフを見ると12月ー3月くらいまでが雨も少なくて良さそうですね。

【プノンペン】

※参照:https://www.ryoko.info/Temperature/

Zizi
Zizi
僕は1月にプノンペンに10日間滞在していたのですが、ベストシーズン中ということもあり、毎日晴れていて、雨が降ったのは30分間くらいしかなかったです。

雨季に行ってしまうと洪水し、道路が川になることもありますので、
可能な限り乾季に来ることをオススメします。

【プノンペンの住居事情】

カンボジアはノービザでは入国できません。

しかし、空港で簡単にアライバルビザが$30で取得可能でして、
1ヶ月間の滞在が可能です。

延長もできます。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

【2019最新版】カンボジアビザ完全ガイド【延長方法まで全て解説】
https://55kengo.com/2018/08/27/cambodia-visa/

今回僕が滞在していたのは「トークンハウス」

※すいません、部屋の写真を撮るのを忘れていました。。。

一泊の最低価格は10TKC=¥1,000相当なので、300TKCあれば1ヶ月滞在可能です。

僕はVIP部屋に滞在したので1泊15TKCでした。
かかった費用(?)は10日で総額15000円相当。
しかし、現状300TKC持っていれば月5000円で滞在も可能です。

TKCの詳しい説明はこちら。
https://token-house.world/

僕が滞在中にTKCをもらった例

●みんなに肉じゃがを作った
●友人のちづみさん(@098ra0209)に頂いた(優しさ)
●ケンゴくん(@KNGrits)とダイスケくん(@daisuke_ueki)の写真撮影をした

月5万円生活と書いてありますが、
トークンハウスの場合は、TKCさえあれば0円生活も夢ではないですね。
※コミュニティ参加+50TKCで毎月5000円は固定でかかります。

【プノンペンノマドのとある一日】

8時:起床。朝ごはんは適当に市場で買ったリンゴや梨、あとは僕が好きな「搾りたてさとうきびジュース」をよく飲んでいました。


9時:トークンハウスのデスクで作業。(写真撮り忘れましたw)

12時:近所のタイご飯屋さんでお昼、これはプーパッポンカリー(約200円)。


13時:近所の素敵カフェに移動。クメールコーヒー(約200円)

18時:トークンハウスメンバーであいのりを見つつ、シェア飯。

23時-24時:就寝

【プノンペンノマド週末編】

週末はトゥクトゥクで街中へ繰り出し、みんなで日本食を楽しんだり、

スカイバーでお酒を嗜んだり

そんなことを繰り返しているうちにあっという間に10日間が過ぎていきました。

【チェンマイノマド生活の支出(10日間)】

【支出】

家賃:約5,000円(トークンで賄った場合)
食事代:約6,000円×3
カフェ代:約3,000円×3
交通費(自転車・タクシーなど):約1,000円×3
娯楽費(観光など):約2,000円×3
——–

合計:約41,000円

プノンペンの他のアパートやゲストハウスの相場はわかりませんが、
トークンハウスに限って言えば月5万円生活は実現可能です。

【プノンペンノマドまとめ】

プノンペン
物価
インターネット
楽しさ
食べ物
治安
総合評価
トークンハウス


カンボジア、プノンペンでのノマド生活は、

正直言ってプノンペンじゃなくてもいいかなとは思いました。
物価もそこまで安くないですし、ネットも爆速ではない、クメール料理が他国の料理と比べるとあまり美味しくはない。

ただ、トークンハウスは作業場として最高の環境が揃っています。

【頑張りたい人が頑張りやすい環境】

①ポジティブなアドバイスがもらえる環境
②頭ごなしに批判する人がいない環境
③頑張ってる人が近くにいる環境
④頑張ることを強要されない環境
⑤全部うまくいかなくても生きていける環境

ネットの速度は安定してますし、食材を買ってきて日本食を自炊できるので美味しいものをみんなでシェアできるので食事の満足度は高いですし、たまに開かれるミートアップではプノンペン在住の色々な面白い人に会える環境は控えめに言って楽しいです!

一番の問題は、
ノービザで入国できないので、ビザ代がかさむことですかね。

ノービザでOKならもうちょい気軽に行けるんですけどね。。。

プノンペンの次は、タイのパタヤに移動します。

今年は東欧が気になりすぎているので、ウクライナやハンガリーでノマドできるように、引き続きお仕事も頑張ります^^

それでは次回パタヤ編でお会いしましょうー!

Twitterをフォローしてもらえると海外ノマド生活がわかると思うので是非です^^

ABOUT ME
Zizi
Zizi
フリーでWEB制作してます👨‍💻 大学卒業後独立→リゾバ4ヶ月で100万円→フィリピン留学→豪ワーホリ→未経験からフリーランス→北海道大手制作会社がクライアント→単月売上7桁到達。今は海外ノマドしながら世界をフラフラしてます。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
【人生の難易度を下げよう】

僕は日本で働くのは
いい選択肢には思えなかったので、
大学卒業と同時に、
海外で生きていく決断をしました。

できることならば、

期間を気にせずに、
好きなだけ好きな人と好きな国にいたいし、
人生という旅を楽しみたかった。

いつ死んでもいいような人生を送りたかった。

結論から言うと、

僕は旅をしながら
お金を稼ぐスキルを身につけ、
理想の働き方を実現するに至りました。

「好きなことで生きていく」

ではなく、

「嫌なことで死なない」

2016年9月に海外に出て
ここまで2年以上
国内外を旅しています。

僕がどのようにお金を稼いで、
ここまで旅を続けられているのか。

以下の記事を読んで
是非チャレンジしてみてください。

旅をしながらお金を稼ぐ方法を知る

こちらの記事もおすすめ